日本一を目指して!

私が体験した日本一を綴るブログです。旅行などの参考にしてもらえたら嬉しいです!

【愛知】日本最古の天守は、日本に5つしかない国宝天守であった!

f:id:camiin_nihonichi:20210613211807j:image

【経験期間:2021年06月】

こんにちは、きゃみいんです。

 

みなさん、日本史は好きでしょうか。

私自身昔はそんなに関心がなかったのですが、自分が大人になり旅行などの機会が増えた時に、これ教科書にあったな!とか、意外と振り返る時が多く、学校で歴史に触れたことも悪くなかったなと思っております。

 

さて、今日はそんな日本の歴史に関する日本一です!

日本最古の天守は、日本に5つしかない国宝天守であった!

江戸時代までに建築され、現存する天守は現在12基ありますが、そのなかでも国宝にしれているのは、松本城(長野)、彦根城(兵庫)、姫路城(兵庫)、松江城(島根)、そして今回ご紹介する犬山城(愛知)の5基しかない大変貴重なものになっております!

ちなみに犬山城の場所はこちらになります。

 犬山城について

犬山市:白帝城

室町時代の天文6年(1537年)に織田信長公の叔父である織田信康公によって建てられたと伝えられ、日本で最古の天守となっております。

また日本で存在する国宝と呼ばれる5城の内の一つ(松本城、姫路城、彦根城、松江城)となります。

あとは平成16年までなんと個人の所有物でした!(公益財団法人 犬山城白帝文庫に移管)

犬山城への行き方

今回は名古屋駅から行く場合でご紹介いたします。

公共交通機関で行く場合

まず「犬山駅」まで行き、その後タクシーか徒歩で行きます。

①名鉄名古屋駅

 ↓ 名鉄犬山線(約30分)

②犬山駅

 ↓ タクシーか徒歩(1.2km)

③犬山城

車で行く場合

「名古屋高速(降:小牧北IC)」国道41号を進むと着くことが出来ます。(約1時間)

 

名古屋駅のレンタカー比較サイトについてはこちらからどうぞ!⇒skyticket

犬山城体験記

城下町についてから

車で行く場合は犬山城近くの三光稲荷神社付近に駐車場がありますが、電車で行く場合は城下町を通って犬山城に向かいます。

犬山城、城下町

一直線の道路がとても長い!

 

この城下町歩いていますと色々と食べ歩きができるようなお店とかもあり凄く良かったので、また別の記事でご紹介致しますね。※実はこの城下町でも1つ新たに日本一を発見してしまいました!

さてこの道を突き当りまで来ますと、「針綱神社」と「三光稲荷神社」の鳥居が待ち構えております。

三光稲荷神社の鳥居
針綱神社の鳥居

鳥居が横並びしているため、どちらをくぐれば良いのか戸惑いますが、

三光稲荷神社側に犬山城への看板がありましたので、そちらから行きました

 

さて更にいくつか鳥居を潜っていきます。

三光稲荷神社の道中

いくつもの鳥居と階段を進んでいきます。

お城へ向かっているので、基本登っていくのですね


鳥居を潜った先に三光稲荷神社の拝殿がありました!

三光稲荷神社の拝殿の外観

最初の鳥居からひたすら階段を登っていくので、

城下町から歩いてるとちょっと疲れちゃうかも?


さて拝殿の右手側に更に鳥居が連なっているので、潜っていきます。ここが犬山城へ行ける近道になります。
連なる鳥居を過ぎると更に坂が待ち受けてますので、ひたすら登ります!

三光稲荷神社の拝殿脇の鳥居
三光稲荷神社から犬山城までの道中の坂

脇にある鳥居は、千本鳥居な感じで結構綺麗です!

ただ鳥居を過ぎると坂が見えてまだあるのか!となります

 

さてもうひと踏ん張りするといよいよ犬山城が見えてきました!

犬山城を遠巻き撮影

ようやく、ひょっこり犬山城が見えてきます

犬山駅から歩くと大分あるいたなと思いました

いざ、犬山城へ!

ようやく着きました犬山城!中に入っていきます!

犬山城内部は土足厳禁となっていますので、入口でビニール袋を貰って履物を入れて持ち歩いて行動します。

犬山城の外観

お城に入る瞬間はなんかわくわくします笑

内部に入ると、実は地下1階からスタートとなります。そこから3階(最上階)まで、ひたすら階段を上がっていきます。

ただこの階段、かなり急です!(壁の梁と比較して階段の角度45度ありそうですかね?)

犬山城内部の階段(その1)
犬山城内部の階段(その2)

この急階段、結構エグイです笑

足に負荷がかかることが良くない方や、

スカートを履かれている方もお気を付けくださいー

そんな階段も全て登り切ると、お待ちかねの最上階です!

赤い絨毯が一面にひかれておりとても綺麗ですね。

犬山城の最上階内部

到着した時は結構な達成感がありました笑

犬山城、元城主の額

壁には歴代城主の成瀬氏の額が。

グラスで煽られいる写真がなんか大物感ありますね

さて最上階の外に出ますと、犬山城からの景色を一望できます!

犬山城最上階からの景色(城下町方向)

城下町も何となく分かるため、

あそこらへん通ったのかなとか思っちゃいます

犬山城の最上階からの景色(木曾川方向)

木曽川が流れている姿も大きく見ることができ、とても良い眺めでした!

 

まとめ

目的地までの犬山城は、公共交通機関で行くと結構距離がありますが、城下町をまったり散策しながら目的地に迎えるため、とても有意義な時間でした!

また国宝の天守から見下ろす風景もとても綺麗ですので、是非一度体験してみてください!

ただし階段の大変さは身に沁みますので、そこだけはくれぐれもお気を付けください笑

 

それでは、ごきげんよう。