日本一を目指して!

私が体験した日本一を綴るブログです。旅行などの参考にしてもらえたら嬉しいです!

【大阪】日本一大きな古墳の外周を歩いて分かったこと。

大阪の地図とタイトル(日本一大きな古墳)



【経験期間:2018年11月24日~2018年11月25日】

こんにちは、きゃみいんです。

 

みなさん、古墳はご存知ですよね?

社会の教科書に出てくるあれです。

今回はそんな日本の文化に関わる日本一の紹介です。

日本一大きな古墳を外周してみた。

はい、今回日本一を体験した場所は、大阪府堺市にある大仙陵古墳となります!

大仙陵古墳について

今回は日本最大の前方後円墳となります。

墳丘長:約486m

後円部径:約249m/高さ約35.8m

前方部幅:約307m/高さ約33.9m

古墳の外周:約2,815km

名称:「大仙陵古墳」(だいせんりょうこふん)、「大山古墳」(だいせんこふん)。また仁徳天皇が陵墓されていることから、仁徳天皇陵(にんとくてんのうりょう)や仁徳陵古墳(にんとくてんのうりょうこふん)などとも呼ばれております!

またエジプトのクフ王の「ピラミッド」、中国の秦の「始皇帝陵」と並び世界3大墳墓の1つとなっております!!(もはや日本一を超えてます!)

大仙陵古墳への行き方

今回は大阪から行く場合でご紹介いたします。

公共交通機関で行く場合

タイミングが良いとJR一本で行けちゃいます!

①大阪駅

 ↓ JR関西快速・関西空港行(約30分)

②三国ヶ丘駅

 ↓ 徒歩(約7分)

③大仙陵古墳

※今回私はこちらで行きました!

車で行く場合

有料道路「阪神高速」を使うと約20分

一般道で進んでも約40分ほどで行くことが可能です!

大仙陵古墳を体験!

はい、大仙陵古墳に着きました!とは言っても「三国ヶ丘駅」からだと裏側(円部分の上の方)に着いただけなので、そこから正面に歩いていきます。

大仙陵古墳の周辺にあるオブジェ(距離を示している)

所々このようなオブジェがあって正面までの残りの距離を教えてくれます

なのでまずは正面に向かって歩いていきます!

 

大仙陵古墳の周濠

堀(周濠)の様子です。実は堀は3重になっております。

※ただし外周からは一番外の堀しかみえません

堀の水と鴨

堀の水には生き物もちらほら

そしてやっと正面まで着きました! 

大仙古墳の正面

実は柵があってこれ以上は進めません

 

大仙古墳の周辺の埴輪

古墳の周りはこのような埴輪も多数ありました

まとめ

大仙古墳の外周

外周の散歩はゆっくり出来て良かったですよ。

はい、今回日本最大の古墳を歩いてみて分かったことですが、道はしっかり作られているため、とても歩きやすかったです。

また土日で行きましたが、あまり混みあってもなかったため、ゆったり観光としてもとても良かったなと思いました。

 

時間に余裕がありましたら、みなさんも是非、大阪で日本一の古墳の外周を歩いてみては如何でしょうか。

 

それでは、ごきげんよう。