日本一を目指して!

私が体験した日本一を綴るブログです。旅行などの参考にしてもらえたら嬉しいです!

【群馬】日本一のモグラ駅は、上下線間違えると絶望する話(ヒント:日本一ゆえの短所)

群馬地図とタイトル(日本一のモグラ駅)

【経験期間:2017年9月23日~2017年9月24日】

こんにちは、きゃみいんです。

 

みなさん、普段通勤や通学では何を使って移動していますか?

私は前までは自転車で通勤してましたが、最近引越して電車を使い始めたのでまだ慣れてない感じです。

 

今回はそんな私のような、電車に慣れてない人からするとミスした時に、とんでもなく後悔しそうな日本一となります!

日本一のモグラ駅は、上下線間違えると絶望する話

はい、今回の日本一の場所は、群馬県利根郡にある土合駅(どあいえき)となります!

土合駅について

この駅、どのような駅となるかというと、電車のホーム上下線の高低差が日本一となります。

その差70.7m!なんと下りのホームへは改札口から階段を計486段下らないと着けないです。それだけ深いことから土合駅は通称:「モグラ駅」と名付けられています。

この時点で上下線を間違えられない理由、ここでまずは少しでも伝わりましたでしょうか?笑

実際の階段の写真についてはこの後記事に付けていますので、見ていただけたら嬉しいです。

モグラ駅への行き方

今回は東京から行く場合で紹介いたします。

公共交通機関で行く場合

まず「越後湯沢駅」まで行く必要があります。その後在来線に乗り換えます。

①東京駅

 ↓

②越後湯沢駅

 ↓

③土合里

 

まず①→②については、上越新幹線「とき・たにがわ」に乗ります。(約1時間20分)
次に②→③については、「越後湯沢駅」でJR上越線「水上行」で行くことが可能です。(約25分)

車での行き方

関越自動車道に乗って水上IC付近で降り、国道219号を真っすぐ進むと「土合駅」へ着くことが出来ます。(約2時間30分)

私も友達と車で行きましたが、そんなに細い道などはなく結構通りやすい道で行けたかなと思います。

モグラ駅に着いて

現地につくと三角っぽい建物が見えます。それが土合駅です。

 

土合駅の外観

この三角が目印です

 近くで見るとしっかり看板があります!

土合駅の看板

なんとも味のある、可愛らしい看板ですね

駅内に入ると無人駅なので、そのまま改札口を通れます。

まずは上り線(2番線)から行きます。

土合駅のホームの方向を指す看板

どこの駅にもある看板ですね(距離が書いてないことが、すでにずるく感じます)

はい!こちらが上り線です!改札口からすぐに行けちゃいます。

土合駅の上り線ホーム

上り線です。普通の田舎の駅な感じ

 さて、それではいよいよ下り線(1番線)に向かいます。

下り線ホームへは最初少し長い通路を歩きます。

土合駅の下り線ホームに向かう地上通路

昼間ですが、ちょっと暗めな感じ。

さてこの後、連絡通路を通りいよいよ大階段です!

すでに階段を24段下りたので、ここでは残り462段となります!

がんばって下るかー!と意気込みます!!

土合駅の下り線ホームに向かう階段(最上階からの撮影)

なんとも吸い込まれそうなこの感じです!

ひたすら階段を下りていきます。

ちなみにこのように途中で休むポイントもあります。

土合駅の下り線ホームに向かう階段の途中にあるベンチ

ベンチは2個所ありました!

さて462段の階段を遂に下りきり、見えるホームがこちらになります!

土合駅の下りホーム

下り線ホームは地下だけあって、意外と涼しいです

達成感もさることながら、本当にどこか映画やアニメの世界に巻き込まれたかのようなノスタルジックな雰囲気がそこにはありました。!!

そして私は中二病発動してこの雰囲気にぞくぞくしてました笑(同じように感じる方もいるんじゃないですかね?)

まとめ

今回、中々体力を必要とする日本一でした!ただあの日本だけど日本でないような雰囲気このモグラ駅でしか感じられないと思います。是非一度、その目見て肌で感じてみてはいかがでしょうか!

 

それでは、ごきげんよう。

土合駅の下り線ホームに向かう階段(最下階からの撮影)

P.S. そしてこれをまた引き返すのがエグい